安心して頼ることが出来る病院へ行き、専門医に診てもらおう

うつ病と脳

うつ病などの精神疾患のついて

うつ病や躁病、統合失調症など多くの精神疾患が存在し、罹患した患者は永い時間をかけて治療に専念しないといけなくなり、場合によっては一生を治療に費やす事もあります。精神疾患の多くはストレスによるものという固定観念が強いものですが、遺伝的なもの、急性突発的なもの、併発している内科疾患によるものなど多岐にわたります。また近年注目されている「うつ病」は一般的に「心の病気」という解釈がなされているが、多くの研究の成果によりようやくうつ病は「脳の病気」であるとの結果が出てきました。そのため脳からの分泌物を操作する事が出来るものが大きなカギを握っているところまで研究は進んでいます。全解明される事を心から望む声はとても大きいです。

診療費に関する有益な情報

うつ病は「精神症状」であるため、自立支援法の規定する「精神通院公費」の対象疾患となります。これらの疾患に対しての治療(薬剤、検査、精神療法など)に関して、患者の世帯の総所得に応じて、毎月の支払上限額が設定されるため、1割負担で上限額までという支払い金額となります。しかしこの場合湿布や風邪薬は対象外となるので、通常の割合負担にて支払いを行う必要があります。この制度を利用するには基本2年ごとの更新手続きが必要となるため、その都度主治医の記載する診断書、診断書にかかる文書料を準備することが大切です。精神通院公費の制度を利用することで、うつ病による日常生活への影響を抑えることが出来ます。うつ病の治療には一定期間の通院が必要となるため、制度を活用するかどうかで生活は大きく変わるでしょう。