安心して頼ることが出来る病院へ行き、専門医に診てもらおう

うつ患者の接し方

職場でのうつ病の人との接し方

最近では各企業でうつ病により休職する人も珍しくありません。職場でうつ病の傾向がある人への接し方にはデリケートさが必要です。この病気になる人の傾向として責任感が強い人が多いです。仕事が思うようにいかない時に自身の責任と感じてそれがストレスとなって頑張りきれずにダウンすることに陥ってしまいます。うつ病の人にとってがんばれという励ましの言葉は禁句です。散々頑張ってきたうえでダウンしてしまっているため、これ以上プレッシャーをかけることになる「がんばれ」という言葉は禁句です。逆にこれまでよく頑張ったなと共感の言葉を掛けてあげることが大切です。後は普段今までに接し方で問題ありません。決してプレッシャーを与えるようなことは言わないでおきます。

職場復帰した人への接し方

休職を終え職場復帰する人への対応がうつ病で最も注意が必要な時となります。うつ病で長期休養し復職してくる人は周囲の人は自分をどのようにみているのかを気にしています。くれぐれも過度のストレスを与えるような対応をしてはいけません。できるだけ本人の不安を取り除いてあげるような対応をする必要があります。復帰当初は隔日出勤にしたり、時短出勤にしたりして徐々に慣れていくよう促してあげることが大切です。復帰した時にはノルマの無い仕事、自分のペースで出来る仕事を与えてあげることが適しています。仕事もはじめは資料整理などではじめ、回復状況を見ながら仕事の量を増やしてあげることが大切で徐々に仕事のリズムをつかめるように促してあげましょう。

うつ病を心の傷と捉える

人間が身体に怪我を負った場合、無理をすればするほど回復が遅れるだけでなく、悪化してしまうものです。 心の傷も同様であり、人間関係や仕事の問題でうつ病を発病した場合は、真っ先に適切な治療を施す必要があります。特にうつ病は悪化した場合自殺を引き起こす可能性がある病ですから、周囲の人達も協力して患者に無理をさせないようにする必要があります。 世界に目を向けると、現在日本も含めて3億人以上のうつ病患者が存在しています。 現在うつ病を治療する方法は薬物治療以外にも多様な心理学療法が存在しています。認知療法や運動療法、読書療法など、患者の気持ちを和らげ、新しい世界観を提示してくれるものがありますので、試してみましょう。

通院にかかる一月の出費を考える

現在私達はどのような病院をうつ病治療に使う事ができるのでしょうか。 例えば、うつ病から精神的な問題を引き起こしている場合は精神科に行くのが一般的です。長期に渡って抑うつ気分が晴れなかったり、苛立ちや自殺願望に苦しんだりする場合、まずは精神科で話を聞いてもらうようにしましょう。 一方、精神的な問題が身体に不調を生み出す事もあります。 胃痛だけでなく、睡眠障害や慢性的な震え、めまいや耳鳴りがおさまらない場合は心療内科へ足を運びましょう。 こうした病院に通院する場合、保険適用範囲の治療を受けるのが一般的です。 一月何回か病院に通った場合、6,000円ほどの出費になる事が一般的と言われていますので、覚えておきましょう。 初診の場合、一度目の診療には数千円のお金が加算されます。